パキシルが… | +++It's Blue Life+++ 第2章
+++It's Blue Life+++ 第2章
最新の日記 | RSS | Mail | 隠れ家編 | Blog for,Clarinet Junko's Recipe || ログイン
MyHomePage(for,PC) | MyHomePage(for,Mobile) | Junko's Beads | About Me? | 前略プロフィール
キヌガサ | mixi | のべおかん | ブクログ | Blog People || WALKING TOUR

ページの最終更新日を表示する Last Update:


**閲覧上のご注意です。**
必ず初めにお読み下さい

別窓で開きます。
トラックバック時の注意事項を若干変更しました。

明るい精神病患者を目指していたけれど挫折し、現在主婦ニート。

精神を病んでいる、九州在住のクラリネット吹きの、ヘタレブログ。
時には毒も吐いてます。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
| | |
<< 指導校大自然の驚異 >>
パキシルが…
今、私は坑精神薬を服用している。
また、服用をはじめてから8年ほどになる。



そこで、こんなニュースを発見。

FDAの警告に遅れること2年
 やっと厚労省がパキシルの自殺行動のリスクに関する記述を指導した。
 製造販売元のグラクソ・スミスクラインは添付文書を改訂したという。
 記述は次のとおり
 「若年の成人で自殺行動のリスクが高くなる可能性が報告されており、投与する場合は注意深く観察すること」
 
 海外での臨床試験で、パキシルを服用した3455人中11人(0・32%)が自殺を試みたそうだ・・・
 FDAはパキシルの子どもについての警告表示は2004年 大人への警告もこの5月12日に出していた



だそうな。

パキシルは効果的な薬で、副作用も少ないと言われていて、
新しい抗精神薬SSRI(新世代抗鬱剤)と言う。別サイトに飛びます

パキシルも、何時の頃からか出されていて、
現在40mg(一日の最大摂取量)を服用している。

それでこんなニュース見ちゃったらねぇ。。。
ホンマに大丈夫なんかいな?

今度、診察時に先生に聴いて見る他ないみたいやね。

そのためには、診察時に持っていくノートにこのことをちゃんとメモしておこう。


まあ、0.32%って言うと微々たる数字やし、
若年成人でもないから大丈夫やと思うけど、
頻繁に起こる希死念慮はこのせいでもないやろうし。

でも、気なるニュースやなぁ。。

リスカ衝動、OD衝動もこのせいか!?

って、この前ODした時、パキシル200mg位服んじゃったよ…orz
| 01:55 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 01:55 | - | -
Comment









この記事のトラックバックURL
http://junkocla1.jugem.cc/trackback/2249
トラックバック
このページの先頭へ
ブログのレンタルサービス JUGEM
paperboy&co.
RSS : RSS1.0 / Atom0.3